前へ
次へ

自己肯定感を得やすい医療職の魅力

自分が結構いけているな、自分もまんざら悪くないと感じることを自己肯定感といいます。
つまり、人にやさしくすることで、自己肯定感が高まり、自分を好ましく考えられるようになります。
そして、この気持ちが恒常的になると、自分の人格や思想活動、有様を尊ぶ気持ちや自尊心が高まる人が多いです。
いつもニコニコ顔で、楽しく仕事をして幸せそうにみえる看護師に、看護の魅力はと問えば、自分自身が優しくなれるところと即答することがあります。
看護師をはじめとする医療にかかわる職業の魅力は、やはりこういうところにあります。
人の尊厳を大事にして医療的な援助をすることで、自分自身も優しくなれて、仕事としての対価ばかりか、一日に何度もありがとうと感謝されたり、人間冥利に尽きる言葉をもらう機会も多いです。
一生懸命に仕事をすればするほど、人に必要とされて役に立つ喜びを感じられることができ、その結果、自分は結構いけてるなどと自己肯定感がアップし、自尊心も高まります。

Page Top