前へ
次へ

出産の心構えを医療機関で学ぶ為に

国内ではまだあまり知られていませんが、北欧では出産における不安を緩和させるための方法として、VRを利用する医療機関が増えてきました。
VRによって出産の一部始終を映像で確認し、VRによって理解度を深める働きがあるといわれています。
どんなに直接話を聞いたとしても、実際に経験してみなければ理解できない部分は少なくありません。
そのため、VRによって出産を控えた夫婦が出産現場を仮想現実で体験することによって、出産というものに対する不安を緩和し、安心して赤ちゃんを生めるようにする配慮があるといわれています。
子供の出産に対して不安を感じる夫婦は少なくありませんが、実際の出産の前にある程度心理的な理解をしておくことができるのは、VRならではといえるでしょう。
仮想現実で体験することによって、実際に出産をするための参考となる可能性が高いです。
今後の出産について、世界各地の医療機関での導入も期待出来るでしょう。

Page Top