前へ
次へ

フリーランスで医療現場で働く際のメリットデメリット

フリーランスで、医療現場で働くと自分の都合にあわせた柔軟な働き方をすることができます。
一日5時間だけでも、週3日だけでも働くことができます。
フリーランスに支払われる金額は、その職種の平均賃金以上の場合が少なくありません。
たとえば、フリーランス医師の場合時給1万円が相場だと言われていて、得られる月収は常勤医と同程度以上貰うことができます。
収入源を複数確保することができます。
複数の勤務先で働くことにより、有事の際に収入がゼロになることを防ぐことができるでしょう。
他方、社会保険が満足に受けられない場合があります。
たとえば、厚生年金に加入できないので老後に困ることもあるでしょう。
学会の出席費用や医師会の費用も自分で支払うことになります。
支出が常勤医より数十万円以上を多くなることが少なくありません。
雇用先の医療機関の意向により、急に勤務ができなくなる場合があります。
その場合に新しい勤務先を探すことになります。

Page Top