前へ
次へ

管理職になっても医療現場へ行くことが大事

やはり、情けは人のためにならずで、親切な人のほうが、自分を肯定できます。
他者からの承認や感謝を受ける機会が多い看護職などの医療職は、幸福感が強くなります。
この理論で行けば、看護師が管理職になった場合、スタッフに医療現場を任せきりにするのは得策ではないということです。
白衣の天使が、天使でいられるのは、やはり患者さんや利用者さんに関わっているからです。
その人たちのために頑張る自分を誇らしく考えられるように教育されているため、看護が好きイコールそんな自分が好きということになります。
看護師の中には、普段は結構、毒舌でも、患者さんの前では途端に天使の羽がはえてみえるような心優しい人も大勢います。
看護職というのは、やはり現場で患者さんたちにかかわるからこそ、天使でいられるということです。
管理の仕事の効率を上げ、現場でふれあう看護をすることで、魅力の再発見ができ、高いモチベーションを保ち続けることができます。
そして、自分ってまんざらでもないという気持ちを自尊心と表現しますが、自尊心という言葉は、あの人プライド高いよねという場合に使われることが多く、上からの感じを受け誤解されがちです。
しかし、正当な自尊心を導く看護という職業は、最終的に幸福感を得られるという魅力を持った仕事です。

Page Top